コンクリート中の空隙構造は、耐久性や水密性、強度等に影響を及ぼす要因となっており、その中で、気泡間隔係数は耐凍害性の優劣を判断する重要な指標となっています。一般に気泡間隔係数を200〜250μm以下にすることで耐凍害性が著しく向上すると言われています。
 気泡間隔係数の測定には従来の測定法では多大な時間と労力を要しました。
そこで、今回、画像処理技術を応用し、高精度で省力を可能にした「気泡間隔係数測定システム」を開発しました。
 このシステムではASTM C457に定められた「リニアトラバース法」「ポイントカウント法」に加え、面積法による気泡間隔係数測定を一回の操作で行うことが出来ます。






気泡を他の組織成分と分離取り出します。
面積法では画像処理により気泡の個々の面積および特性値を瞬時に測定します。
リニアトラバース法では気泡およびその他の相内のトラバース長(1.4〜4m)とトラバース線が横切る気泡の数を測定します。
ポイントカウント法では格子線の交点、約1500点の気泡、ペースト、骨材の点数を測定します。

データ登録及び測定結果一覧画面 自動計測条件設定画面





測定結果出力は各方法のCSV形式及び帳票に対応しております。
さらに気泡分布表に関してはグラフ作成も直ぐにできます。

面積法の詳細結果



出力例






面積法 リニアトラバース法 ポイントカウント法
1.気泡数 1.横断気泡数 1.交点気泡数
2.平均粒径 2.平均弦長 2.平均弦長
3.比表面積 3.比表面積 3.比表面積
4.空気量 4.空気量 4.空気量
5.気泡間隔係数 5.気泡間隔係数 5.気泡間隔係数






複数の画像入力方式をサポートしています。
各種画像ファイル形式(BMP,JPEG,RAW,TIFF)の読込みが出来ます。
TWAIN入力を標準でサポートしていますので、イメージスキャナー等のTWAIN機器から直接読み込むことが出来ます。
さらに、CCDカメラの撮影も可能です。(オプション)顕微鏡等から直接取り込みが可能です。

◆CCDカメラから画像取込み
CCDカメラからの撮影画像を画面上で確認しながら、直接画像をレイアウトビューに貼り付ける事が出来ます。

CCDカメラ入力画像のマルチフォーカス撮影機能
CCDカメラから画像を取り込む際にピントを動かす事により、ピントの合っている領域を自動的に判断して、合成画像を出力します。

ミリ解像度の設定
撮影する画像の解像度を設定します。設定値を使用して画像のマーカー表示が可能となります。


エアーボイド CCDカメラ CCDカメラ画像画面
(マルチ画像撮影)
カメラ制御画面






画像加工やフィルター処理等、各種ツールを用意しています。

◆ブラシによる加工

画像上の不要部分または計測粒子境界部を塗りつぶすことが出来ます。

原画 ブラシ画像加工 二値化



◆フィルター処理

不要粒子削除,穴埋め,膨張・収縮等により計測対象を絞る事ができます。

原画 二値化 穴埋め






4種類の二値化処理を搭載しています。

◆自動二値化
判別法により閾値を決め自動で二値化します。


◆指定二値化
しきい値の上限、下限を選択による二値化機能です。

原画像 中間色の二値化が可能 二値化後


◆手動二値化
ビジュアルに閾値を確認しながら二値化します。

原画像 画像を確認しながら二値化が可能 二値化後


◆色調選択抽出による二値化
カラー画像に含まれる色を任意に抽出してその色のレベルで二値化を自動的に行われます。
抽出した色の濃度範囲を広げる事もできます。

原画像 三色抽出   二値化後






データは階層構造で管理、測定結果を素早く検索し表示できます。
管理bキーにして複数のサンプルをスプレッド 表示出来ます。
さらに、過去に測定登録されたデータは管理情報一覧表から検索が出来ます。

管理情報一覧表






パソコンとイメージスキャナの構成で測定が出来ます。

カラーイメージスキャナ
(2400DPI以上を推奨)
2400DPIで10.5ミクロンの解像度を確保できます。
パーソナルコンピュータ   カラープリンタ 顕微鏡システム
(オプション)






気泡間隔係数測定

測定方法 全測定項目
面積法 気泡間隔係数,気泡数,単位面積の気泡数,平均円相当径,総気泡面積,空気量,ペースト空気比,比表面積
リニアトラバース法 気泡間隔係数,横断気泡数,総弦長,平均弦長,空気量,ペースト空気比,比表面積,総トラバース長,ライン本数
ポイントカウント法 気泡間隔係数,交点気泡数,気泡ポイント数,ペーストポイント数,総トラバース長,平均弦長,空気量,ペースト空気比,比表面積,総ポイント数,ポイント間隔長
測定結果(出力関係)
サンプル毎の比較表 (面積法、リニアトラバース法及びポイントカウント法) <CSV形式出力><帳票印刷>
各方法のサンプル一覧表 (面積法、リニアトラバース法及びポイントカウント法) <CSV形式出力><帳票印刷>
気泡径分布表 (面積法、リニアトラバース法) <CSV形式出力><帳票印刷><EXCELグラフ>


共通処理項目



 O S :WindowsXP/Vista/7/8/10
 CPU :Pentium以上(Pentium4以上を推奨)
 メモリ :1GB以上を推奨
 HDD :1GB以上の空き(3GB以上の空きを推奨)
 周辺機器:CD-ROM(インストール時に必須)
      USBポートがあること
 担当:システム部
 TEL:0299-90-3425
 FAX:0299-84-2566
 e-mail:フォームメール送信
 (送信ページから直接メールを送信できます。)


WindowsXP/7/8/10及びEXCELは米国マイクロソフト社の登録商標です。
外観・仕様・価格については、予告なしに変更する場合があります。


 
Copyright © 2013 - 2016 Nippon Steel & Sumikin Technology Co.,Ltd. All rights reserved.