硬度計、高速深絞り、COD(亀裂開口変位)試験、引張試験(オートグラフ試験機)、シャルピーフルカーブ(衝撃試験)等、機械試験関係のシステムです。
   

  

 
硬度計からオクラにて取り込んだデータをパソコンで処理し、硬度値に変換するシステム。
計測後の硬度データを元に作図及び、作表を簡単に作成できるシステム。

 
@ データベースによる一元管理が可能
A 作図シート内に任意の画像を貼り付け、打点位置の確認が出来る
B 任意の管理No.によるファイル管理やメンテナンス、任意画像の登録が可能
C 他のパソコンからの受信処理も可能

  

 
試験片の成形性を評価するための試験システム

 
@ データベースによる一元管理が可能
A 装置の制御、データ入力、試験後のデータ取り込み、作図、作表までが可能
B 深絞試験が可能
C 孔拡げ試験が可能
D L.D.H(割れ限界)試験が可能
E 各試験で、摩擦係数の測定も可能

  

 
亀裂開口変位基準を用いて脆性破壊に関する評価を行うための材料の破壊靱性値(限界COD値)を求めるシステム

 
@ データベースによる一元管理が可能
A 装置の制御からデータの取り込み、集計、出力までが可能

  

 
引張試験によって、各種特性値を自動検出できるシステム

 
@ データベースによる一元管理が可能
A 試験機の制御やデータの取り込みができる
B 各種特性値の自動検出(耐力、Total伸び、UYP,LYP,TS,その他の特性値)
C 応力−ひずみ、荷重−伸び曲線等の作図ができる
D 常温引張の他、低高温引張、平面摺動試験等も可能
E 上位システムとのリンケージも可能
F 各種実績の出力

  

 
衝撃試験によって得られたエネルギーと温度から、フルカーブを自動的に作成するシステム

 
@ データベースによる一元管理が可能
A フィッティング処理による滑らかな曲線でのフルカーブ作成
B 作図されたデータから特性値(vTrs,vTrE,VE0,vTr15,vTr20,vTr40)が算出できる。
こちらに詳細を記載しております。


問い合わせ
 担当:システム部
TEL:0299-90-3425
FAX:0299-84-2566
e-mail:フォームメール送信
(送信ページから直接メールを送信できます。)

   
 
Copyright © 2013 - 2016 Nippon Steel & Sumikin Technology Co.,Ltd. All rights reserved.